任意売却した一戸建てを回収して住める方法

何らかの事情があって住宅ローンの返済ができなくなり、
その差し押さえ、競売を免れるためには、
それまで住んできた一戸建て住宅を任意売却せざるを得なくなることがあります。

 

 

とはいっても、持主も本当は家を手放したくはなくて、何とか残したいわけです。

 

 

しかし、住宅ローンの返済ができなくなってしまって、
そのまま手をこまねいていては競売を免れることはできなくなってしまいますから、
やむなく任意売却せざるを得ないという事情なのです。

 

 

ですが、任意売却してもその一戸建て住宅を回収して取り戻せる方法はないのか、
と専門家に相談を持ち掛けた場合には、

 

 

信頼のできる相手に売却すれば、
賃借人としてそのまま住み続けることもできるし、

 

 

さらには親子間での売却ができれば、
事実上の住宅回収ができることにもなる、という回答を得られるかもしれません。

 

 

これはリースバックなどと呼ばれる方法で、
任意売却はするものの、
事実上、売却した家を回収して住み続けることができるという手法なのです。

 

 

専門家に相談してみれば、
このような実際に役に立つ方法をいろいろと教えてもらえるわけです。

 

 


このページの先頭へ戻る